周りに差をつける!マスク着用時のメイクのコツ

周りに差をつける!マスク着用時のメイクのコツ 美容関連

日常的にマスクを着用する方が増えています。新しい生活様式が発表されたこともあり、今後はマスク着用が自然になってくるでしょう。

そこで気になるのは、マスク着用時のメイク。

マスクをすると、顔のほとんどが隠れてしまいます。もしかすると、今までのメイクのままマスクをつけていたら、魅力が半減してしまうかもしれません。

そこで今回は、マスク着用時のメイクのコツをいくつかご紹介いたします。ちょっとした工夫で、人に与える印象はガラリと変わるものです。ポイントをおさえ、周りに差をつけましょう。

マスクは目元のメイクが大事

マスクは目元のメイクが大事

マスク着用時は目元のメイクが大事です。マスクをつけると顔のほとんどが隠れるので、極端に言えば相手には目元しか見えません。

目元に視線が集中するということは、目元の印象によって相手に与える印象までもが変わるということです。

これまでマスクを着けていない時は、顔全体のバランスをみながらメイクしていた人が多いはずです。しかしこれからは顔全体のバランスを見つつ、マスク着用時のことも考えてメイクをする必要があります。

目は口程に物を言うということわざがあるように、マスクを着けている時こそ目元のメイクが勝負。普段よりも目元のメイクに気を配り、魅力的な女性を演出しましょう。

マスク着用時の目元のメイクのコツ

マスク着用時の目元のメイクのコツ

それでは、マスク着用時の目元のメイクのコツをいくつかご紹介いたします。

血色をアップさせて明るく華やかさを演出

マスク着用時は、肌のくすみを解消させて血色をよく見せることがポイントです。先述した通り、マスクをしていると自然と目元に視線が向かいますが、その目元がくすんでいると血色が悪く、全体的に疲れた印象を与えてしまいます。

血色をよく見せる為にも、アイメイクにはアイシャドウベースを使うことがポイント。アイシャドウベースを使うとくすみが消えるだけではなく、アイシャドウの発色や色持ちがよくなったり、密着度が増すので粉落ちすることがないというメリットがあります。

アイシャドウベースはラメやパールが入ったもの、肌なじみがいいピンクやベージュがおススメです。

血色をアップさせて明るく華やかさを演出

アイシャドウを選ぶ時は、これまで使っていたカラーよりも少し明るいカラーを選ぶと血色よく見せることができます。派手な色を差し色として、目尻や目の下に加えると華やかさもアップするでしょう。

ちなみにアイシャドウの色は多くても2色までにしましょう。いくつも色を重ねてしまうとキレイに発色せず、かえってくすんで見えてしまうからです。

アイシャドウを重ねたら、最後にアイラインで目元を引き締めます。まつ毛の隙間を埋めるように、丁寧に塗っていきます。

マスク着用時は目元の暗い印象を払しょくし、パッと明るい華やかな印象になるようにアイメイクに気を付けましょうね。

ハイライトで立体感を出す

ハイライトで立体感を出す

ハイライトを入れて、立体感を出すのもポイントです。
マスクをしているとのっぺりとした印象になりがちですが、額や鼻筋、目頭と鼻の間にハイライトを入れると、立体感が出てマスク美人になれるのです。

まとめ

マスク着用時は、普段よりも目元のメイクに気を配りましょう。マスクは顔のほとんどを隠すので、相手の視線は目元に集中します。つまり目元のメイクによって相手に与える印象がガラリと変わるということ。

アイメイクをする時はくすみを消し、明るい印象になるようにラメやパールが入ったアイシャドウベースを使いましょう。アイシャドウの色味は普段よりも明るいトーンの物を選ぶのもおススメです。

ハイライトを入れ、顔全体に立体感を出すとマスク美人になれます。

マスクが必需品となっている今、マスクならではのメイクをして、魅力アップを目指しましょう。気分が盛り上がり、メイクをするのが楽しくなるはずです。

☆ Follow Me ☆

タイトルとURLをコピーしました